転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報

資格情報:記事一覧

経営に関する資格

経営に関する資格は多く存在しますが、その中でも経営コンサルタント唯一の国家資格である中小企業診断士の資格を紹介します。この資格は企業の経営状態を総合的に判断し、そのデータに基づき改善や支援、あるいは教育をしていくコンサルティング業務を行う資格です。主に生存競争などの過酷な立場に立たされている中小企業

刑事に関する資格

刑事とは警察官において私服で行動できる警察官のことを指しますが、特別資格を有する必要はなく警察官となり、そこから選ばれます。また階級や名称などではなく部署名としての扱いなので職業として扱われていないのが現状であり、世間のイメージからは大きな違いがあります。ですが刑事になるためには必要な資格があります

銀行に関する資格

銀行や金融などは多くの資格があり、近年では多くの技能を必要とされますが、銀行業務検定試験では多くの技能を有する者として証明できる資格であり、注目を浴びています。これまでは金融経験者が受ける資格として扱われてきていましたが、最近では学生でも受ける方が多く、民間試験の中でも受験者数が多いなど人気のある資

金融に関する資格

金融機関はいつの時代も競争率が高く人気がある職業のひとつですが、金融に関する資格を持っていると就職に便利なほか、すでに働いている方なら今よりもグンとスキルアップができます。その中でもお勧めなのがファイナルシャル・プランニング技能士の資格です。FPなどと略されることがあり、証券、保険、不動産業界など金

玉掛け資格の取得方法

玉掛けとは重さ1トン以上ある荷をクレーンなどで運ぶ際に必要な資格であり、取得していなければ玉掛け作業ができないほど必須である資格です。玉掛け資格は安全性を考慮されるため、労働安全衛生法に基づいて技能研修を受けることが義務づけられています。受講資格のある方は18歳以上であればどなたでも受けられます。必

教師になる資格

教員になるためには、まず専門の大学で教職課程を修了することが必要です。ただし、教職を選択していなかった人材に対しても、その門戸を開くために教員資格認定試験が実施されます。この試験は通常の教員認定試験より多少難しく設定されていて、専門学科ではより深い知識を必要とされる傾向にあるようです。試験を実施した

救急救命士の資格

最近、ニュースやテレビドラマなどで話題になっている、救急救命。通常の救急隊員とは違う特別な資格が必要なのでしょうか?通常の救急車に乗っている救急隊員は、一定時間以上の講義と実習を受ければなることができます。ただし、救急隊員の場合、することができる応急処置には限りがあって、医療行為とみなされる処置はし

国会議員になるための資格

選挙に当選すれば、議員になることができます。村会議員、市会議員、県会議員、国会議員、特別な資格が必要なわけではなく、25歳以上の有権者であればだれでも立候補することができます。しかし、そう簡単に当選できるものではありません。多くは市会議員や県会議員を経て、国政に挑戦しますが、国会議員の政策秘書を勤め

技能検定と国家資格

技術者のレベルを図るのに用いられるのが技能検定です。いわゆる国家資格などとは異なりますが、働く人々の技術を正しく評価するために設けられた、国が認める検定制度です。検定が行われる職種は、プレス加工から鉄工、板金、機械整備、溶接など125もの種類があります。それぞれ3級から特級まであり、3,4級は各都道

気象の資格

1995年に気象方の改正が行われる前までは、民間での天気予報は認められていませんでした。今では、テレビ各局が揃って"お天気お姉さん"を配し、彼女たちはタレント並みの人気を誇っています。とはいえ、彼女たちもれっきとした資格を持つ気象予報士。男性でも取得の難しい試験を突破した優秀な方ばかりです。気象予報

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13