転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報

資格情報:記事一覧

紅茶に関する資格

紅茶に関する資格があること自体知っている方は少ないと思いますが、3つの資格が用意されています。紅茶コーディネーター、ティーインストラクター、ティーコーディネイターの3つの資格です。紅茶コーディネーターは日本創芸学院が主催の資格であり、通信教育を経て資格を有することができます。この資格によりレストラン

公務員に関する資格

公務員資格はすべてが国を通して働くこともあり、すべてが国家資格となっています。公務員資格ということもあり、安定した職に就けるとともに雇用補償もしっかりしているので人気の資格です。公務員といっても様々なものがり、警察官、地方公務員、自衛隊、消防士、など多くの職業に関する資格が用意されています。また市や

公認会計士の資格

公認会計士とは資格を有するものは企業が報告する財務書類を公正なものか判断するために監査するためのものであり、これは公認会計士の資格を有するものでないと行えない独占的な資格です。受験資格は特に定めておらず、誰でも受験することができます。試験内容は短答式試験と論文式試験があり、短答式では財務会計論、管理

語学に関する資格

語学の資格は数多くあり、往来の文法的な資格とは違い最近ではTOEICなどの本格的な語学に関する資格が注目されているなど試験内容も大きく変わってきています。TOEICは語学に関する資格の中でもより実践的なものであり、合否を判定するのではなく、その人が持っている語学力を計るために10から990点の間で点

古物商の資格

古物商とは、人が扱った中古商品を取引するために必要な資格であり、古物営業法により公安委員会から許可を得ることにより商売を始められます。許可を得るには制限があり、成年被後見人、過去5年間に刑法で罰せられた者、過去に資格を消された経歴、住居の定まらないなどの方には許可が下りず制限があります。以下のことが

検定に関する資格

資格の中には検定と付くものが多く存在し、有名なものでは英語検定、簿記検定など受験者の多いものから少ないものまで多種多様な検定が存在します。検定のほとんどは実技に結びつくものではなく、個人の能力を計るために機能している者が多く、持っているからといって絶対に就職できるなどの効力を持っているものは限られて

建築に関する資格

建築に関する資格は数多くあり、その中でも重要な資格を紹介します。建築士は大きなビルから一戸建て住宅まで多くの建物の設計に携われることができ、この資格を持っていなければ建物の設計ができないなど独占的な資格です。1級の場合は合格率が11%と難易度、競争率ともに高くなっています。次に建設施工管理技士は建設

健康食品に関する資格

健康食品で注目されているのがサプリメントですが、サプリメントアドバイザーという資格があります。アプリメントアドバイザーとはサプリメントの成分や取得方法を学び、消費者に健康食品であるサプリメントを選ぶ際のアドバイザーとして手助けをする資格です。取得方法は主催団体などの通信教育を受け、規定単位を取得する

警察官に関する資格

警察官に憧れる方は多く、子供達からは悪事から人を守るヒーローとして慕われる人気の職業です。そんな人気の職業である警察官になるには警視庁警察官/女性警察官資格が必要となります。受験するには学歴や年齢をクリアする必要があり、また3類から1類と受験資格が異なります。3類は高校卒業程度の学力を持つ30歳未満

経理に関する資格

経理に関する資格と言えば簿記能力検定です。簿記能力検定は企業にとって不可欠ともいえる経理能力であり、4級から1級、またその上には上級という等級まで用意されています。4級などは基本的な簿記能力を計るものであり、就職や転職などには向いておらず、経理などの業務に本格的に臨める3級以上が望ましく、2級などの

前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12