転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報

資格情報:記事一覧

司法書士の資格

司法書士とは国民の義務を守る法律のプロであり、司法書士法に基づき依頼者に変わり登記又は供託に関する手続きの代理を行うことができます。またこの業務は司法書士しか行えず業務独占資格です。簡裁訴訟代理能力認定考査で認定を受けた司法書士は簡易裁判所における訴訟代理などの法律事務も同時に行うことができます。司

図書館で働ける資格、司書

図書館で働くには司書という資格があり、また司書の中でも資格が分けられており、役割が違います。司書の中でも司書補というものがあり、この資格を有する者は司書業務の補佐として配属されます。また受験資格は高校卒業程度の資格と司書補講習を修了している必要があります。司書は図書館における業務を行う資格であり、受

国会議員に関する資格

国会議員には資格を必要としませんが、国会議員政策担当秘書には資格が必要となります。国会議員政策担当秘書は国会議員の政策立案、立法補佐をするなど重要な役目を担う重要なポストです。受験資格は65歳未満であり、大学卒業者またはそれに相当する能力を持った者としており、他に日本国籍を有しない者、成年被後見人、

国家公務員の資格

国家公務員の資格には3種から1種があり、3種から1種の間には役割や扱いなど多くの差が生じます。また学歴や年齢なども考慮されているので受験する際には注意が必要です。国家公務員3種は事務、調査、研究などの業務に携わる省庁の初級職員であり、常に出先機関等で国民と接する機会があり、柔軟な対応力が求められます

国家資格に関する資格

国家資格とは国が定めた法律により個人の技能や学力が一定のレベルを超えた場合において、資格を取得できるもであり、国が一定の行為を許可する資格です。また国家資格は独占的な資格が多く、一般人では禁止されている行為を行うことができる場合が多く、業務独占資格と呼ばれることもあります。弁護士、公認会計士から管工

資格の合格率

資格には簡単なものから難しいものまで数多くあり、競争率によっても合格率が変わってきます。また等級によって大きく変化するのも資格の特徴です。FP技能検定試験などでは4級が79%と高いにも関わらず2級はわずか28%と50%近くの差があります。このように同じ資格の中でも合格率が変わってきます。合格率が低い

高校生が受けられる資格

以外に知られていませんが高校生だからといって資格の取得が限られているわかではなく、多くの選択肢が用意されています。高校生が受ける資格として人気が高いのは語学関係の資格が多く、有名なものであればTOEICなどが多く、また商業系の高校であれば簿記などの資格が人気です。しかし、もっと実用的な資格なども受け

資格講習

資格講習がある資格は多く、問えば自動車免許を取る時でも講習が必要になってきます。安全性を考慮する資格には講習が義務付けられているものが多く筆記講習、技能講習ともに重要になります。防火管理者などは講習を受けることによって取得できる資格であり、職業によっては必要になってくる資格など様々な形態があります。

資格講座

資格講座には様々な種類がありますが、どれも専門の講師から資格を取るためのノウハウを学べるため便利な講座として人気があります。有名なものではユーキャン、まなびネットなど資格の取得から就職に強い資格講座が用意されているため資格を取ろうとしている方の間では人気があります。また学生であれば大学で講座が用意さ

行政書士の資格

行政書士は風俗営業の許可、外国人の登録の申請、官公庁に提出する書類の作成など国と民間における橋渡しをする仕事であり、資格がなければ行えない独占的な資格です。受験資格は特になくどなたでも受けることができます。試験内容は、はじめに出題数46題の試験があり内容は行政法、民法、商法、基礎法学があります。次に

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11