転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報

資格情報:記事一覧

飲食店開業に必要な資格

飲食に関する店舗、例えば喫茶店やレストラン、お弁当やお惣菜食品の製造販売店を開業するには、一店舗に一人「食品衛生責任者」を置かなければなりません。食品衛生責任者は、管轄の保健所に届出する必要があります。誰でもなれるというものではなく、栄養士や調理師、製菓衛生士、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士、食品衛

海上自衛隊・航空自衛隊の資格

海上・航空自衛隊航空学生は、"学生"とありますが、立派な国家公務員です。将来、海上自衛隊や航空自衛隊の幹部自衛官になるため、約6年間、それぞれの自衛隊教育団で、さまざまな教育と訓練を受けることになります。ちなみに陸上自衛隊にはこの制度はありません。受験資格は、日本の国籍を有していて、高校卒業、あるい

会計の資格

事業所で経理の仕事をする人、あるいは経営に携わる人なら、是非持っておきたいのが会計関連の資格です。会計の資格にはいくつかあります。日商簿記は3級から1級。3級は商業簿記のみ。簿記の基本となる科目の仕訳や、貸借対照表、損益計算書の作成が出来る程度の知識があれば、独学でも取得は可能です。2級は商業簿記に

介護福祉士の資格

介護福祉士は国家資格で、受験資格を得るには2通りの方法があります。ひとつは指定された養成施設で定められた期間在籍し研修を受ける方法です。約3年以上の実務経験が必要となります。あるいは、福祉系の高等学校、または介護福祉士養成学校を卒業することです。一方ホームへルパーの場合、養成学校の専門講座を受けると

介護事務管理士の資格

医療に医療報酬があるように、介護にも介護報酬の制度があり、介護保険料の請求にはポイント計算という煩雑な事務処理があります。そのポイントの計算をし、介護報酬の請求業務を担うのが介護事務管理士の仕事です。介護保険制度を正しく理解し、報酬を正確に請求することは、介護施設の経営を安定させるためにも無くてはな

介護の資格

高齢化がますます進む今の日本で、介護に従事する人材の確保は急務といわれています。実際介護に携わるのにはそれぞれ国家資格が必要で、有資格者の確保も介護施設が抱える問題のひとつとなっています。介護対象者に対する肉体的なケアから、その家族への精神的なサポートまで、あらゆる分野での専門的な知識を必要とする資

稼げる資格

「この資格を取れば稼げる」そんな都合の良い資格はありませんが、資格を持っていることで、収入アップにつながる、あるいは就職に有利な資格をいくつかあげて見ましょう。簿記検定:ご存知、資格の王道。企業の経理処理には欠かせない簿記知識。3級から1級まであり、難易度も高めです。ただ、就職に有利な資格の筆頭。医

家電に関する資格

最近の家電製品は、機能も使い方もさまざま、次々と新しい製品が生まれるので、消費者の知識がついていけていないのが現状です。そこで、近年人気を集めているのが家電に関する2つの資格です。ひとつは家電製品エンジニア。家電製品全般の設定、不具合に対する対処などの専門的知識を身につけるために設けられた資格です。

下水道工事の資格

下水道工事に関する資格としては、民間レベルの排水設備工事責任技術者があります。排水設備は、土地の所有者が設置を義務図けられているもので、その工事全般をスムーズに執り行うために専門的な技術と知識を身につけるために設置されたのが排水設備工事責任技術者です排水設備工事責任技術者は管轄の自治体が実施するもの

衛生管理者の資格

衛生管理者とは、労働者の衛生管理や労働環境の維持・改善、疾病の予防など、就労環境全般の管理をする管理者のことで、50名以上の労働者のいる事業所では、労働安全衛生法に基づいて、この衛生管理士の有資格者の雇用が義務付けられています。資格を取得するための条件は以下の通りです。・実務経験として、労働衛生にか

前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15