転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 弁護士の資格とは

弁護士の資格とは

「弁護士」の資格は、資格の難易度のなかで「超難関・S」に位置する国家試験として有名です。弁護士の仕事は、事件関係の報道番組や医療事故を扱ったドラマでも注目を浴びることがあります。また、離婚相談や個人の債務整理など、公の場で報道されない「事件」を扱う仕事としても頼れる存在です。弁護士の資格を取得するためには、法務省の司法試験委員会が行う「司法試験」を受験する方法と、法科大学院課程修了後、「新司法試験」を受験する方法があります。いずれにしても、資格試験合格後には、司法研修所での司法修習を修了することが義務づけられます。また、弁護士業務を行うためには、「弁護士会」に加入して「弁護士登録」をする必要があります。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加