転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 不動産の資格とは

不動産の資格とは

不動産関連の資格には「マンション管理士」「不動産鑑定士」「管理業務主任者」「宅地建物取引主任者」「ビル経営管理士」「土地家屋調査士」の6種類があります。そのなかで、「ビル経営管理士」以外はすべて国家資格になります。これら不動産関連の資格は、実際に不動産を扱う業務に従事する場合、その分野に応じて必要になります。「宅地建物取引主任者(宅建)」は、土地や建物の売買や賃貸借取引などに必要とされる資格で、不動産業を営む場合5人に1人の割合で有資格者を配置する義務があります。「宅建」の受験は、不動産業に従事していない人にも人気の資格です。試験は択一方式ですが、専門知識とともに問題や回答文の読解力が求められます。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加