転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 資格の難易度とは

資格の難易度とは

資格には、国家資格、公的資格、民間資格という実施団体による分類方法があり、なかでも国家資格は就職や転職活動で自分をアピールするには有効な資格です。しかし、国家資格そのものがない職種もあるため、資格分類はあくまでも参考に留めるといいでしょう。資格の難易度は、受験条件や受験資格要件は度外視して、試験そのものを客観的に比較する方法があります。あるサイトでは、資格試験の難易度を「超難関・S」「難関・A」「普通・B」「やや易しい・C」「易しい・D」の5段階に分類しています。それによると、「S」には「司法試験」をはじめとする法律関係の資格やIT関係の「システム監査技術者」「システムアナリスト」などが含まれています。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加