転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 電気関係の資格とは

電気関係の資格とは

資格には、「第○種」あるいは「○級」という分類がされているものが少なくありません。電気に関する資格にも「第○種」や「○級」があり、それによって携われる業務も違ってきます。「電気主任技術者」には第1~3種があり、第3種は高校の電気科卒業程度の知識で合格でき、第2種から第1種へ進むにつれて難易度も高くなります。「電気工事士」には第1~2種があり、第2種は一般家庭の電気工事ができ、第1種になるとビルなどの自家用電気工作物の工事を請け負うことができます。また、「電気工事施行管理技士」には1~2級があり、いずれも官公署工事には必要な資格になります。そのほか「エネルギー管理士」や「消防設備士」などの資格もあります。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加