転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 宅建という資格

宅建という資格

数ある資格の中で、もっともポピュラーなものの一つと言えるのが「宅建」ではないでしょうか。この宅建、宅地建物取引主任者の略称です。業務内容は契約締結前に、宅地建物取引業者の相手方、つまりお客様に対して、重要事項の説明を行うことや、重要事項説明書への記名押印、そして契約書への記名押印があります。この宅建試験、国家資格試験の中で最大規模の資格試験で、受験者数は2006年で20万人弱と非常に多い。不動産景気を反映するバロメーターともいわれ受験者数が30万人を超えることもあります。合格率はここ10年15%~17%くらいで合格率に対応した合格点が設定されると推測でき、問題の難しい年は合格点が低く優しい年は高くなります。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加