転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 設計を行う資格建築士

設計を行う資格建築士

建物の設計、工事監理等を行う技術者としての資格に「建築士」があります。この建築士、一級建築士、二級建築士、木造建築士、構造設計一級建築士、設備設計一級建築士の5種類があり、その資格により設計監理できる建築物に違いがあります。この中で特に身近で一般の人がお世話になる可能性が高いのが一級建築士、二級建築士、そして木造建築士です。この資格、それぞれ取り扱える建築物の範囲が決まっており、級が上に行くほど取り扱える範囲が広がります。また一級建築士と二級建築士では管轄が違い、一級は国土交通大臣の免許を受け、二級は都道府県知事より免許を受けます。またそれぞれ受験資格が定められており、誰でも簡単に受けられる資格ではありません。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加