転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 国会議員に関する資格

国会議員に関する資格

国会議員には資格を必要としませんが、国会議員政策担当秘書には資格が必要となります。国会議員政策担当秘書は国会議員の政策立案、立法補佐をするなど重要な役目を担う重要なポストです。受験資格は65歳未満であり、大学卒業者またはそれに相当する能力を持った者としており、他に日本国籍を有しない者、成年被後見人、公務員として2年以内に懲戒免職になった者には受験資格がありません。試験内容は1次試験は多岐選択式テスト、論文があり、2次試験は口述式のテストが用意されています。どれも高度な知識が求められており、合格率も9.1%と低く、難易度が高くなっています。ですが国の未来を担う国会議員をサポートする大事なポジションであり貴重な資格です。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加