転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 資格の合格率

資格の合格率

資格には簡単なものから難しいものまで数多くあり、競争率によっても合格率が変わってきます。また等級によって大きく変化するのも資格の特徴です。FP技能検定試験などでは4級が79%と高いにも関わらず2級はわずか28%と50%近くの差があります。このように同じ資格の中でも合格率が変わってきます。合格率が低い資格では福祉環境コーディネータ1級1.4%、司法書士2.9%、司法試験3.1%、気象予報士4.3など10%未満の合格率である資格も数多く存在します。また受験者数も多く、取得に長い年月を掛ける方も珍しくありません。またTOEICなどは合格率が存在しない試験もあり、個人の能力を計るためだけの試験もあります。合格率や受験者数など見比べて自分に合った資格試験を受けるのが大事です。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加