転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 公認会計士の資格

公認会計士の資格

公認会計士とは資格を有するものは企業が報告する財務書類を公正なものか判断するために監査するためのものであり、これは公認会計士の資格を有するものでないと行えない独占的な資格です。受験資格は特に定めておらず、誰でも受験することができます。試験内容は短答式試験と論文式試験があり、短答式では財務会計論、管理会計論、監査論、企業法を受け、論文式では会計学、監査論、租税法、経営学、経済学、民法、統計学など幅広い知識が求められます。短答式が受かり、論文式が不合格になった場合でも2年間は短答式が免除されます。有資格者の需要は高く安定した資格でもありますが、反対に競争率が高く合格率が8から9%と難易度が高くなりま
す。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加