転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 教師になる資格

教師になる資格

教員になるためには、まず専門の大学で教職課程を修了することが必要です。ただし、教職を選択していなかった人材に対しても、その門戸を開くために教員資格認定試験が実施されます。この試験は通常の教員認定試験より多少難しく設定されていて、専門学科ではより深い知識を必要とされる傾向にあるようです。試験を実施した大学などの合格証を、居住地の都道府県に提出することで、教員免許が発行される仕組みです。この免許を取得すれば、各都道府県の教員試験を受験することができるようになり、非常勤講師などに採用されることも可能です。いずれの場合も、教師になるのは難関で、加えて21年4月からは教員免許の更新制度が始まり、10年ごとに適性検査とその能力の確認が行われるようになりました。教師のレベル低下が社会問題になる中、制定された新しい更新制度です。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加