転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 国会議員になるための資格

国会議員になるための資格

選挙に当選すれば、議員になることができます。村会議員、市会議員、県会議員、国会議員、特別な資格が必要なわけではなく、25歳以上の有権者であればだれでも立候補することができます。しかし、そう簡単に当選できるものではありません。多くは市会議員や県会議員を経て、国政に挑戦しますが、国会議員の政策秘書を勤めながら、政治の世界のノウハウを学ぶという方法もあります。国会議員の政策秘書になるには国会議員政策担当秘書資格という資格があって、こちらは国家公務員一種並みの超難関だといわれています。合格者は合格者名簿に登録され、国会議員との面談の後採用されれば、政策秘書として議員の政策立案や立法のためのサポートをすることになります。最近では、政策秘書としての経験を積んだ後に自らが国会議員として立候補するケースも増えてきています。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加