転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 技能検定と国家資格

技能検定と国家資格

技術者のレベルを図るのに用いられるのが技能検定です。いわゆる国家資格などとは異なりますが、働く人々の技術を正しく評価するために設けられた、国が認める検定制度です。検定が行われる職種は、プレス加工から鉄工、板金、機械整備、溶接など125もの種類があります。それぞれ3級から特級まであり、3,4級は各都道府県、2~特級は厚生労働大臣名の合格証が送られ、技能者として認められることになります。受験資格はそれぞれの級ごとの実務経験が必要となり、実地試験、学科試験があります。検定制度のある職種で働いている人にとっては、検定合格は大きな目標となります。それぞれの検定に合格することで、国家資格の受験資格を得られるものもあり、大きなスキルアップにもつながります。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加