転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 機械に関する資格

機械に関する資格

機械や電気技術に関する資格も数多くあります。その中でも独立して個人事務所を開くことが出来るのが技術士。豊富な知識と経験が必要な難関です。1次試験は無条件で受験が可能ですが、2次試験を受けるためには、1次試験をパスし、なおかつ関連分野での実務経験が少なくとも4年以上は必要です。そのほか、エネルギー管理、電気管理、電気工事などに関するエキスパートはみな国家試験の有資格者です。民間の資格では、溶接や放射線透過試験、繊維製品の品質管理、非破壊検査など、専門的な知識が必要な工事の施工には必ず、担当機関が認定する資格者の監督指導や現場管理が必要となります。これらの資格を取得することは、自分の専門分野の技術を確立するためにも、就職において優位に立つためにもますます必要になってくるでしょう。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加