転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 飲食店開業に必要な資格

飲食店開業に必要な資格

飲食に関する店舗、例えば喫茶店やレストラン、お弁当やお惣菜食品の製造販売店を開業するには、一店舗に一人「食品衛生責任者」を置かなければなりません。食品衛生責任者は、管轄の保健所に届出する必要があります。誰でもなれるというものではなく、栄養士や調理師、製菓衛生士、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士、食品衛生管理士などの資格を持っていることが条件です。前術の資格が無くても、各保健所が実施する講習会に出席するか、同等の知識を持っているとみなされた場合には、食品衛生責任者になることが出来ます。店舗、あるいは工場内の衛生管理に常に気を配り、不備があれば指摘し先頭にたって改善に当たらなければいけません。食の安全が世間の注目を集めている今日、食品衛生責任者の役割はますます重要になってきました。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加