転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 介護の資格

介護の資格

高齢化がますます進む今の日本で、介護に従事する人材の確保は急務といわれています。実際介護に携わるのにはそれぞれ国家資格が必要で、有資格者の確保も介護施設が抱える問題のひとつとなっています。介護対象者に対する肉体的なケアから、その家族への精神的なサポートまで、あらゆる分野での専門的な知識を必要とする資格だけに、資格取得までの道のりは簡単ではないようです。その資格とは、主に以下の3つがあげられます。介護支援専門員はいわゆるケアマネージャーといわれるもので、介護受ける側と、各施設との橋渡しを担います。介護福祉士は、介護施設での、要介護者の介護や自宅で介護を受ける人のサポートを行います。ホームヘルパーは1級から3級まであり、要介護者の自宅に出向いて家事の手伝いなどをするのが主な仕事です。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加