転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > コンビニで薬が変える時代がやってくる? 医薬品登録販売者という資格

コンビニで薬が変える時代がやってくる? 医薬品登録販売者という資格

平成18年に薬事法が改正され、「医薬品登録販売者」という資格が生まれました。医薬品が買える場所は大きく分けて二種類あります。一つは医師にもらった処方箋を持っていくことで医薬品をもらえる薬局。この薬は医療用医薬品と呼ばれます。当然ながら処方箋がなければ薬を売ってもらうことはできません。もう一つはドラッグストアなどの普通に風邪薬などを買える薬局。ここで買える薬は一般用医薬品と呼ばれます。さて、今までは薬剤師でなければドラッグストアであっても薬を売ることはできなかったのですが、「医薬品登録販売者」という資格があれば一般用医薬品の一部を売ることができるようになりました。極端に言えば、この資格のある人がいればコンビニでも薬が売れるのです。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加