転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 建設現場の力もち!クレーン運転士の資格を取ろう

建設現場の力もち!クレーン運転士の資格を取ろう

建設現場や工場で欠かせない重機、クレーン。最近は女性の方が運転しているのもちょくちょく見かけますが、クレーンだって一種の"乗りモノ"です。操作するためには、「クレーン運転士」という国家資格が必要になります。具体的には、つり上げ荷重5トン以上のクレーンを運転するために必要な知識や技能を認定する資格。受験資格は特に設定されていませんが、車と同様、18歳未満は免許が交付されません。試験は学科と実技に分かれており、合格率は97%と決して難易度は高くないようです。移動式クレーンやデリック等の運転免許をすでに取得している場合は、科目の免除もあります。試験は月1回程度行われていますので、詳細は(社)安全衛生技術試験協会のHPで確認してみてください。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加