転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > ガス器具の取扱いに必要な資格

ガス器具の取扱いに必要な資格

引っ越しの前後で必要になるのがガス器具の撤去や設置。ガスの取扱いは危険を伴うものですから必ず業者さんにお任せすることになりますよね。ところで、こういった作業にはどんな資格が必要なのでしょうか?ガス器具を取り扱うには、例えば、LPガスなら「液化石油ガス設備士」という資格が必要になります。これは、「硬質管のねじ切り」「ガスメーター等の器具と硬質管の接続作業」といった、ガスに関する専門技術が必要な作業を行うための資格です。この資格を取得するには、国家試験を受験するか、「高圧ガス保安協会」による講習を受講するか、二通りの方法があります。後者の場合、講習は3日間におよび、最後に筆記試験と技能試験に合格しなくてはなりません。しかし、講習自体の難易度は高くなく、真面目に勉強&練習していれば大半は突破できる内容のようです。興味のある方は、「高圧ガス保安協会」のHPをご覧下さい。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加