転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > イラストレーターの資格をとるなら、PC操作に関連したものを

イラストレーターの資格をとるなら、PC操作に関連したものを

イラストレーターになるのに資格は必要ありません。ただ最近の現場は、PCで描くのが主流になっております。メールでやり取りができる上、発注元がDTP処理できるからです。なので、PC操作の技術は欠かせないかもしれません。「Illustratorクリエイター能力検定」と「Photoshopクリエイター能力検定」が、PC操作に関わる資格となります。呼んで字のごとく、それぞれIllustrator、Photoshopに関する資格となっています。これらの取得を目指せば、スキル向上につながるので、受験して損はないです。ところで、イラストレーターになる方は、出版社や広告代理店で実務をこなして、人脈と技術を磨いてから独立するパターンが多いです。ただしどんな経路をたどっても、宣伝材料となる作品を増やして、自分を売り込むことを続けるのは必須です。イラストがある場所なら仕事は発生するので、雑誌、カタログ、webサイトなど、活躍の場は数知れません。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加