転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 事前調査や設計までも問う、アンカー工事の資格

事前調査や設計までも問う、アンカー工事の資格

配線の固定や基盤の強化を目的として、コンクリートの基盤などにボルトを埋め込む工事をアンカー工事といいます。ボルトの打ち付けに加え、地盤や建築の知識も要求される高度な工事です。このアンカー工事について、事前調査・設計・施工のすべてにわたる専門的な知識と技術を問う資格が、社団法人日本アンカー協会が実施する「グラウンドアンカー施工士検定試験」です。この資格はアンカー工事に必須とはなりなせんが、現場で優遇されるのは間違いありません。アンカー関連の資格には他にも、「あと施工アンカー施工技術士」があります。あと施工アンカー工事専門業者、ダイヤモンド・コア穿孔業者、諸機械設備関連業者をターゲットとしたものとなります。なお、あと施工アンカーとは、基盤のコンクリートが固まった後に穴をあけて打設することをいいます。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加