転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > TOEICは、昇進に関わる場合もある英語の資格

TOEICは、昇進に関わる場合もある英語の資格

「英検(実用英語技能検定)」と双璧を成す英語の資格といえば「TOEIC」。ただし「英検」とは決定的に異なる部分が2つあります。第1に、難易度の異なる級ごとに合否だけで割り切ってしまわず、スコアで評価すること。目標を自在に設定しやすい上、スコアアップを狙って何度も受験できるのです。第2に、世界的な認知度。「英検」の運営団体は日本にありますが、「TOEIC」は英語の本場・米国の公共機構であるETSが主催しています。試験はリスニングとリーディングによる筆記のみで、990点満点で採点されます。470点以上で最低限のコミュニケーションが可能、730点以上で日常生活に支障のない会話ができる、860点以上で国際ビジネスの即戦力になるとされています。今や多くの企業が「TOEIC」を採用しており、国際ビジネスでの活躍には欠かせません。昇進試験に課す企業もあるほどで、日本IBMなど外資系だけでなく、トヨタやパナソニックでも取り入れているほどです。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加