転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > インターネット用言語・JAVAの習得を、開発元自らが試す資格

インターネット用言語・JAVAの習得を、開発元自らが試す資格

サン・マイクロシステムズ社が開発した、インターネット用プログラミング言語がJava。PCやOSの種類を問わずに機能することから、インターネット上で使うワープロ、音声・動画プログラムのソフト開発ができるツールとなっています。開発元であるサン・マイクロシステムズ社は、Javaの認定資格を8種類用意しています。初歩的な資格だと、Javaを基礎から問う「SJC-A」、プログラミングなどの開発知識やJavaの包括的な知識を試す「SJC-A」。Javaの基礎を習得した人が対象となるのが、プログラムを実行に移すまでのことを問う「SJC-D」と、システム開発に不可欠なプログラミング能力を試す「SJC-D」です。その他、web用ソフト、携帯電話などのモバイル開発、大規模システムの設計など、Javaの活用シーンに応じて4種類の資格が用意されています。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加