転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > 活躍の道が多く用意された資格が、金融のプロである証のFP

活躍の道が多く用意された資格が、金融のプロである証のFP

Financial Planingの略がFP(ファイナンシャル・プランナー)。実際にやっている仕事は、お客様の立場になって、資産運用や生活設計の提案することです。対象とするものは、不動産、保険、株などの金融商品。金融商品は内容が複雑で理解しにくいことから、どれをどの程度選ぶのかが難しくなります。そこでFPは、現状だけでなく将来も見据えた上で、ベストな提案をしてくれるのです。FPには複数の資格があります。まずは、国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)」で、1~3級が用意されています。他には、日本FP協会が認定する民間資格の「AFP」、CFP BOARDと日本FP協会が提携して登場させた国際ライセンスである「CFP」があります。「CFP」は試験通過だけでなく、独自の研修の修了などを経てはじめて資格取得となります。なお、「AFP」は「FP技能士2級」の資格も与えられます。FPの資格は汎用性が高く、社労士、公認会計士、証券アナリストなど、数多くの職業に活かせます。また、FPの資格は、転職や独立の際にも強力なアピール材料となります。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加