転職や就職に役に立つノウハウ200
転職や就職に役に立つノウハウ200
ホーム > 資格情報 > CGはゲーム、映画だけではない! 産業、学術分野でも人気の資格

CGはゲーム、映画だけではない! 産業、学術分野でも人気の資格

コンピューターグラフィックスを指すCGは、PCで絵を描く技術。2次元だけでなく3次元を描写するのも当たり前になってきております。CGといえばwebサイト、テレビ番組、ゲームソフト、映画が思い浮かびますが、設計やデザインもできることから、視覚的にシミュレーションを行うことも可能。よって、クリエイティブとはあまり呼ばれない業界でも注目を集めています。また、PCや携帯電話で動画が手軽に送受信できるようになっているので、動画への需要も高まっております。CGに関する資格としては、1つが「CGクリエイター検定」。アニメーションやゲームの制作を中心に意識した資格で、ソフト活用能力、表現力を問うもの。絵コンテ・シナリオ・予算・日程に関する一定条件の下で、挑まねばなりません。もう1つの資格が、「CGエンジニア検定」。産業や学術の分野が主な対象となり、ソフトだけでなくハードの知識、さらにはシステム開発能力も試されます。こちらも一定条件が課され、開発目標・予算・作業工程なども加味しなければいけません。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加